千葉の家族葬なら故人をゆっくりと見送ることができる

家族葬とは、家族や親族、友人などの近しい関係者のみで執り行うお葬式のことです。この形式は密葬と混同されがちですが、密葬とは少し異なります。簡単にいうと、一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。規模は人によって解釈が異なります。家族のみが集まって執り行う場合もありますし、家族のみならず親戚などを集め、30人から40人前後の参列者が集まる場合もあります。東京や千葉県などの都市部を中心に執り行う家庭が増えてきています。その理由で一番多いのは、故人との別れをゆっくりと行うことができるからです。一般の葬儀とは違い、多くの会葬者に対応する必要がないので、遺族も静かに故人の思い出などを話すことができますし、豪華な祭壇や会葬者への食事、香典返しなどの負担が少なくて済むので、費用を抑えて葬儀を行うことが可能です。

葬儀の形式を選ぶ際に気をつけたいこと注意したいことなど

お葬式にはいくつか形式があり、その中からさらにその地域によって独特の形式があることもあります。千葉県でも、遺族の希望に合わせてお葬式の形式を選択することができるようになっています。千葉県以外の都道府県でも同じく、遺族の希望に合わせて選択して行うことが多いです。お葬式の形式で選ばれることが多いのは大体4種類あるといいます。まず、直葬、一日葬、家族葬、そして一般葬という4種類です。直葬は、亡くなった病院など、その場所から直接火葬場へ搬送して火葬をし、後日改めてお葬式を行うというときに選択されることがあります。一日葬は、日が悪いときなどに少し間をあけてお葬式を行うというときに選ばれることが多い形式です。一般葬は昔から執り行われている形式で、参列したことがある人も多い形式だといえます。

参列してもらう範囲を決めることが大切

身内だけで葬儀を行うときには、参列できない方への配慮がとても大切です。会社関係の方やご近所の方には、あらかじめ家族のみで葬儀を行うことを通知しておき、お焼香やお香典、お供物などを一切辞退させてもらう、ということを伝えておくべきです。また、故人が社会的に人脈を多く持っている人だったり、人に慕われる人であった場合、家族葬を執り行った後で自宅に訪問される可能性もあります。なので、この形式でお葬式を行う時はそのような社会的な立場や背景も考慮しながら、参列してもらう人の範囲を決めなければいけないということも考えておくべきです。この形式が一般葬と異なっている点は、お香典がないことです。なので、かえってこの形式を行うことで葬儀の費用が高くなってしまう可能性もあるということを考えて、葬儀会社に相談してみてもいいです。