千葉で家族葬を行う際の手順や流れを解説します

千葉にお住まいの方の家族が亡くなってしまったときには、遺族が家族葬を選ぶことが増えています。流れとしては、まずご遺体を病院で亡くなった場合は病院から、自分の家で亡くなった場合は自分の家から遺体を安置施設に搬送する必要があります。広大な敷地がある一軒家であれば、自分の家で安置することも少なくありませんが、近頃はマンションなどの集合住宅にお住まいの方も多いので、安置施設に搬送するのが一般的です。そして、葬儀にお招きする人のリストを作成し、葬儀社と打ち合わせを行います。打ち合わせで取り決めた内容に従ってお通夜を執り行い、翌日に告別式を執り行います。告別式を執り行ったら遺体を火葬場に搬送し、遺体を火葬して残った遺骨を骨壷に納め、お墓に納骨する日まで自分の家に骨壷を持ち帰るという流れになります。

依頼する葬儀社を決めておく必要性

千葉にお住まいの方が家族葬のプランを選ぶことが多いのは、あまり仰々しい葬儀を執り行って、参列される方に堅苦しい気持ちになって欲しくないという気遣いの一環であると考えられます。また、家族の方に万が一亡くなってしまったときのことに備えて、葬儀社を前もって決めておいてあるという方は決して多くありません。病院で亡くなったときに、病院から紹介される葬儀社は相場より割高であることが多いので、万が一に備えて前もって葬儀を依頼する葬儀社を決めておくと、自分が納得できる形で葬儀を進めることができるようになります。また、故人が生前にエンディングノートという形で、自分が亡くなったときに依頼して欲しい葬儀社を書き留めている可能性があるため、遺品から探しておくのも良い方法の一つです。

故人の遺骨を納骨するまでに行うこと

家族葬を執り行ったら、遺骨が納められた骨壷を自分の家に持ち帰ることになる訳ですが、遺骨をお墓に納骨するのは、四十九日の法要を執り行う日であることが千葉では一般的です。葬儀にお招きする方を必要最低限に絞り込んでいるので、葬儀を執り行ってからしばらく経つまでは、葬儀にお招きしなかった故人の生前の知り合いが自分の家に弔問に訪れることになるため、その対応にしばらく追われることになります。故人の遺骨を先祖代々から受け継がれてきたお墓に納骨するのであれば、特に問題はないのですが、新たにお墓を建てて故人の遺骨をそのお墓に納骨する場合は、四十九日の法要を執り行う日までに全て手配する必要があります。納骨の方法についても、故人が生前に希望する方法をエンディングノートに書き留めていることがあるので確認しておく必要があります。