千葉で葬儀を考えている方に向けて家族葬とは何かを解説します

千葉県で葬儀に選ばれることが多い葬儀の形式は大きく分けると4種類あるといいます。直葬、一日葬、一般葬、家族葬の4種類です。それぞれに特徴があり、遺族の希望に合わせて選択することができるようになっているのが大きな利点です。直葬は亡くなった場所からそのまま火葬場へご遺体を搬送して、後日改めて葬儀を執り行うという形式です。家が遠方にある、社葬を執り行うことになっている、という場合などに選ばれることがあります。一日葬は葬儀を執り行うのに日が悪いということで間をあけなければいけないときに一日で葬儀まで執り行いたいというときに選ばれることが多いです。ワンデーセレモニーとも呼ばれることがあります。一般葬は昔から執り行われることが多い形式で、参列したことがあるという人がもっとも多い形式です。

遺族がゆっくりと故人を見送る時間がある

家族葬とは、その言葉通りに家族や親族、ごく親しい人だけで葬儀を執り行う形式のことです。家族や親しい人しかいないので、参列者に気を使う必要などがないので、遺族に負担がかかることが少ないというのもいいです。一般葬のような一連のセレモニーは執り行うのですが、参列する人数が少ないのが特徴です。遺族が故人をゆっくりと見送る時間を作ることができるということで選ばれることが多いです。故人が生前に希望していて選ばれるという場合もあります。ですが、やはり多いのは遺族の希望によるものがほとんどです。この形式は千葉県や東京などの大きな都市で選ばれることが多く、最近は特にこの形式を選ぶ人が増えているといいます。遺族への負担を減らしながら、同時に葬儀の費用なども抑えることができるというのもいいです。

葬儀費用は30万円から50万円くらいがほとんど

家族葬は一般葬に似ていますが、少し違いがあります。それは先にも書いたように参列する人数です。他にも密葬が同じだと思っている人もいますが、それも少し違います。この形式は葬儀費用が低いというのも選ばれる理由のひとつだといえます。大体30万円から50万円ほどになることが多いです。また、この形式ではお香典などをもらうことがない場合が多いので、ほとんどの費用を自分たちで負担することになります。そのことは理解しておくようにすることが大切です。それから、参列することができなかった方たちへの配慮をきちんと行うということも忘れないようにしておきます。故人を偲んでくれる方たちに失礼がないように、きちんと事前に配慮をしておくことで参列できなかった人たちとトラブルを防ぐことができます。これは千葉県でもほかの都道府県でも同じように、気をつける必要があります。

当社は県内に10カ所の直営式場を運営している為、式場のフォロー体制も万全です。 忙しくてなかなか遺品の整理に時間がとれないお客様の為に遺品整理サービスも承ります。 返礼品に関しましては質に拘りながら様々な品物をご用意させて頂いております。 ご葬儀に対してのお見積りや資料請求も行っております。 当社は昭和38年9月に設立致しました。 千葉県で感謝の気持ちを込めた家族葬しませんか